シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若い人の癌は進行が早い?癌検診の是非と有効性は?

若い人の癌 進行 早い

歌舞伎俳優市川海老蔵さん(38)の妻で、フリーアナウンサーの小林麻央さん(33)が進行性乳癌で闘病しているという報道は衝撃的でした。

今回のマスコミの報道のあり方については、いろいろと思うところがありますが、ここで議論するのは、このブログの趣旨に沿わないのでやめておきます。

小林麻央 海老蔵

(画像出典:エンタメウィーク

さて、今回の小林さんの癌報道で気になるキーワードがありました。
それは、

1.小林さんの年齢が33歳である(若年者)
2.進行性乳癌である
3.1年8ヶ月前の人間ドック(検診)で発見された

の3つです。

スポンサーリンク

若い人の癌は本当に進行が速いのか?

これは世間一般で言われていることだと思います。

確かに、若くして癌にかかった人は、あっと言う間に癌が進行して亡くなってしまうイメージがあります。

逆に、高齢者の癌は進行が遅いというイメージがあるかもしれません。

しかし実際は、若年者の癌でも進行が遅いものもあれば、高齢者の癌でも進行が速いものがあります。

癌の進行が速いか遅いかは、癌にかかった人の年齢ではなく、癌そのものの性質(悪性度)によります。

若い人の癌

悪性度が高い癌は進行が速く、悪性度が低い癌は進行が遅い癌になります。

進行の速い癌は治療で完治することが難しいですが、進行の遅い癌は適切な治療で完治できる可能性があります。

癌は若年者に少なく、高齢者に多い病気です。

そのため、数少ない若年者の癌患者は、進行が速く早くに亡くなるように見え、たくさんいる高齢者の癌患者は、亡くなる人は多いのですが、亡くならずに生きている人も多いので、進行が遅いように見えるのです。

癌 検診 20代

なぜ人間ドック(検診)で発見されたのに進行癌になったのか?

悪性度が高い癌は、癌が発生した時点から悪性度が高いのであって、最初は悪性度が低かった癌が途中から「進化」して悪性度が高くなるのではありません。
(ただし、癌の再発を繰り返しているうちに、途中から悪性度が高くなる癌はあります。)

なので、小林さんの癌は、発見された時点で悪性度の高い癌であったと思われます。

検診の頻度と癌の悪性度の関係

人間ドックや検診は、通常1年毎に行われています。

「去年のドック(検診)では異常なしだったのに、今年のドック(検診)で進行癌が見つかった。」というのは、実は珍しいことではありません。

なぜなんでしょうか?

それは、1年という時間の経過と、癌が発生する時期癌の悪性度と癌が進行するスピードの関係によります。

下のグラフをご覧ください。(クリックすると拡大します)

検診と癌の進行グラフ

(このグラフは、当ブログオリジナルです)

進行が速い癌A

進行が速い癌A(赤)は、昨年の癌検診では見つかりませんでした。

しかし、検診の直後に癌が発生し、急速に進行して1年後の検診時には、進行癌になっていました。

進行がん 若い人

進行が速い癌B

進行が速い癌B(茶)も、昨年の癌検診では見つかりませんでした。

癌の悪性度、進行するスピードは、癌Aと同じなのですが、癌が発生した時期が、今年の検診の直前だったので、早期のうちに発見され、適切な治療を受けることができました。

進行癌

進行が遅い癌

進行が遅い癌(青)も、昨年の癌検診では見つかりませんでした。

進行が速い癌Aよりも早くに発生していますが、進行が遅いので、今年の検診で見つかった時は早期癌で、適切な治療を受けることができました。

癌検診 早期がん

進行が極めて遅い癌

進行が極めて遅い癌(緑)は、昨年も今年も検診では見つかりませんでした。

来年も再来年も、もしかしたら一生見つからない(※)かもしれません。

進行が遅い癌

(※)このような癌は、何か別の死因で亡くなった時に解剖すると見つかる場合があり、これを潜在癌と言います。
例えば、70歳以上の日本人剖検(病理解剖)例では、40%以上の人に前立腺癌が見つかると言われています。

癌細胞の成長速度について

このような図を見たことがある人もいると思います。

癌細胞の成長速度

(画像出典:はじめてガン保険

上記のグラフで説明したとおり、悪性度が高く進行が速い癌、悪性度が低く進行が遅い癌は、いずれもこの図に当てはまりませんので、ご注意ください。

スポンサーリンク

検診の落とし穴

以上のように、癌が発生するタイミング、検診を受けるタイミング、発生した癌の悪性度で運命が決まってしまうのです。

検診の是非

ここが検診の落とし穴です。

定期的に検診を受けていても、進行癌で亡くなることがあるということです。

それは決して医者の見逃し、見落としではありません。

検診の回数を増やせば、癌をより早期に発見できる可能性はありますが、癌が見つからない人の方が圧倒的に多いため、コストや労力がかかりすぎるという欠点があります。

癌検診 有効性

そのため、検診や人間ドックは1年毎(短くて半年毎)に行われるのが普通です。

癌の早期発見のためには、検診も重要ではありますが、何かいつもと違う症状があった場合は、早めに医療機関を受診することが最も重要だと考えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする